LASTNOTE

NO MEDITATION , NO LIFE な日々をつづります

アセンション

クンダリーニ覚醒のはじまり

慈悲の瞑想をするようになってからしっかり眠れるようになったものの、脚の痒みで目覚めることが多かった。その痒みが消えたころからだろうか、時々瞑想中に急に体が熱くなり汗ばむようになった。ホットフラッシュというらしい。アルクトゥルスの覚醒施術B…

アルクトゥルスの覚醒施術B(その4)慈悲の瞑想

ホーキンズ博士の本を読むうちに、ボーッとした頭が動き出し整理されていったが、何かが足らないという気がしていた。 ひょとしたらと思い「祈り」と「慈悲の瞑想」の取り組みについて森さんにメールで聞いたところOKとのことだった。なぜか助かった!と思…

アルクトゥルスの覚醒施術B(その3)必要なプロセス

ネガティブ状態から救い上げてくれたのは、『 I <私>真実と主観性』(デヴィット・R・ホーキンズ著)だった。押し寄せてくるネガティブの思考・感情の荒波が、ホーキンズ博士という港に帰港させてくれたようだった。 前著『パワーか、フォースか』を何と…

アルクトゥルスの覚醒施術B(その2)ネガティブな嵐

二日目は施術が始まってすぐ、エネルギーの毛布を下半身に掛けられるような体感があった。足元からジワジワとそのエネルギーを感じ、透明なホンワカとあたたかい毛布のようだった。(これは森さんに報告し忘れたかもしれない。アルクトゥルスの Being の気使…

アルクトゥルスの覚醒施術B(その1)たくさんのBeing

あまり眠った気がしないうちに一日目の朝がやってきた。 朝のワーク・瞑想後、お守りとして持っていくエンチダージプレナイト、ヘマタイト、ハートクリスタルを浄化しリュックに積めこんだ。ズッシリとした重さは安心安全の重

痛みとセッションとアセンション

去年、会社を辞めるという思ってもいなかった「大事件」があった。 やめたい!と思ったことは数知れずあったが、実際のところ出来ないだろうとずっと思っていた。