LASTNOTE

NO MEDITATION , NO LIFE な日々をつづります

授かったヒーリング・エネルギー?!

8月に入ってからだったと思う。 夜中、痒くて眠れないことがあった。手の甲にいくつもできていたプツンとした赤い発疹が盛り上がり(ある意味盛況になり(^^;)熱を持っていた。かゆみ止めの軟膏を塗って眠れるようになったが、、、手首までそれが広がり、も…

ヒーリングと糖質制限

いつだったか「ヒーリングしても、本人の努力がなければ効果は半減してしまう」というようなお話を森さんから聞いたことがあった。その時はそんなものかしらんと思っていたが、最近それを実感することがあった。 拙いながらも家族に毎日ヒーリングしているが…

「よからぬもの」とはコミットしません!

このところ「よからぬもの」が頻繁にやってくるようになった。 日常的には、いきなり咳きこむ。瞑想中には嫌な感じで右旋回し始める。音読中にも声がかすれる、咳きこむ。ペンデュラムがピクリとも動かなくなる。いずれも「よからぬもの」からの攻撃らしい。…

気分はもう「戦中」?!いや「戦後」かもしれない!!

『大日月地神示』の音読を始めて少しして今泉さんの記事を読み、昔から感じていた「気分はもう戦争」がまんざら気のせいではなかったことをシミジミ感じる今日この頃。 ameblo.jp 本当のことを知りたがった子供だった。 質問すると「子供は知らなくてもいい…

『大日月地神示』音読のヒーリング効果

「メドベッド」という聞きなれない言葉を調べているうちに『大日月地神示(おおひつくしんじ』に遭遇。どれどれ、、、少し調べてポチる。なぜかご縁を感じた。 以下、出版社のHPからの引用です。 「大日月地(おおひつく)神示」は、日本のシャーマンである神…

「祈り」とクンダリーニ

満月の影響ってあるんだろうか? 軽い頭痛とメマイ、そしてものすごいダルさと眠気がやってきていた。前頭葉のあたり(サードアイ・額・頭頂部分)がずっとドーンと何かを主張しているように重だるかった。 ネガティブにもなっていた。 ス・パ・イ・ク・タ・…

ワーク再開!アルクトゥルスの覚醒施術後の変化

アルクトゥルスの覚醒施術後の3~4週が過ぎ、NGワークを再開した。 o(゚ー゚*o)(o*゚ー゚)oo(゚ー゚*o)(o*゚ー゚)oワクワク クイントゥーブルグリッドのクリアリングワークをいそいそと始めたが、、、。 なんか違う、、、ペンデュラムの動きが弱い、元気がない? あまり…

クンダリーニ症候群=禅病=ミューテーション(変異)症状=覚醒への通り道

ひょっとしたら瞑想時に上半身が右回転するのにクンダリーニが関わっている?と思い、チャネリングしてみると・・・YESだった・・・。(@_@) ウッソ!まさか???イヤイヤイヤ・・・と自我は言う。 ゆっくりと腰が揺れたのは、座禅瞑想を始めて三ヶ月目だ…

クンダリーニ?振動する仙骨周辺

クンダリーニについてネットや本で調べてみると、それは誰にでも当たり前に存在し目覚めの時を待っているようだっだ。 仙骨部に眠るクンダリーニが活性化すると、スシュムナー・イダ・ピンガラ管を上昇し、そのエネルギーは宇宙に解き放たれ、本来の「自己」…

クンダリーニ覚醒のはじまり

慈悲の瞑想をするようになってからしっかり眠れるようになったものの、脚の痒みで目覚めることが多かった。その痒みが消えたころからだろうか、時々瞑想中に急に体が熱くなり汗ばむようになった。ホットフラッシュというらしい。アルクトゥルスの覚醒施術B…

アルクトゥルスの覚醒施術B(その4)慈悲の瞑想

ホーキンズ博士の本を読むうちに、ボーッとした頭が動き出し整理されていったが、何かが足らないという気がしていた。 ひょとしたらと思い「祈り」と「慈悲の瞑想」の取り組みについて森さんにメールで聞いたところOKとのことだった。なぜか助かった!と思…

アルクトゥルスの覚醒施術B(その3)必要なプロセス

ネガティブ状態から救い上げてくれたのは、『 I <私>真実と主観性』(デヴィット・R・ホーキンズ著)だった。押し寄せてくるネガティブの思考・感情の荒波が、ホーキンズ博士という港に帰港させてくれたようだった。 前著『パワーか、フォースか』を何と…

アルクトゥルスの覚醒施術B(その2)ネガティブな嵐

二日目は施術が始まってすぐ、エネルギーの毛布を下半身に掛けられるような体感があった。足元からジワジワとそのエネルギーを感じ、透明なホンワカとあたたかい毛布のようだった。(これは森さんに報告し忘れたかもしれない。アルクトゥルスの Being の気使…

アルクトゥルスの覚醒施術B(その1)たくさんのBeing

あまり眠った気がしないうちに一日目の朝がやってきた。 朝のワーク・瞑想後、お守りとして持っていくエンチダージプレナイト、ヘマタイト、ハートクリスタルを浄化しリュックに積めこんだ。ズッシリとした重さは安心安全の重

痛みとセッションとアセンション

去年、会社を辞めるという思ってもいなかった「大事件」があった。 やめたい!と思ったことは数知れずあったが、実際のところ出来ないだろうとずっと思っていた。

よからぬエネルギーで眠れない

夜中の2時過ぎに目が覚めてしまった。久しぶりだった。 アルクトゥルスの覚醒施術Aを受ける前は、時々この時間帯に目覚めていた。 ん・・・なんだろう?・・・あぁ荷物が増えたから、そのせいかもしれない、とりあえ

ヒーリング(練習中)過去世もサポート?

施術後のエネルギーワークはいくつか制限されていたものの、森さんからはOKをもらっていたヒーリング(他者への近い遠隔)にとりくみ始めた。「クライアント」は月経困難症で苦しむ娘。スピリチュアルに懐疑的だったが、了解はもらっていた。

「禅病」はミューテーション(変異)症状!?

アルクトゥルスの覚醒施術Aのカウンセリングの時、いつ五次元へのアセンションを終了したのか森さんに聞いた。 驚いたことに、マルコニクスのリキャリブレーションを月初めに受けた、その同じ月だった。(@_@)

『ブレワイ』で観たパラレルワールド(その4)

『ブレワイ』を始める前は、たかがゲーム・・・という失礼な態度だったことは否定できない。けれどこのゲームは感動することが多かった。スーファミでテトリスをやっていた時代から、ものすごい進化をとげていた。

『ブレワイ』で観たパラレルワールド(その3)

ゲームの世界で日替わりのように見ていた世界は、パラレルワールドといってもいいのかどうか、正直分からない。ひょっとしたら「変人のタワゴト」なのかもしれないと思う時もある。実際友人からこんな話を聞いたら、瞑想を始める前のワタシなら病院行くこと…

『ブレワイ』で観たパラレルワールド(その2)

最初の異変は魔物の装束だった。 ある日、ハダカンボウだったはずの魔物が腰布をつけ、ペンダントまでつけていた。 目を疑った。昨日まで毎日見ていたから、そんなはずはなかった。

『ブレワイ』で観たパラレルワールド(その1)

『ブレワイ』といえばゲーム好きにはすぐわかる『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の略称。ン十年ぶりにゲームをしたくなり、2020年夏から当時大流行の『どうぶつの森』を熱心にしていたものの、ある時息苦しさを感じて・・・そう島がせますぎ

オレンジカルサイト(カーサクリスタル)レビュー

オレンジカルサイトを握って瞑想することになった、そのきっかけは以下の記事だった。(リンクの了承をいただきました)

涙の瞑想【withハートクリスタル】

アルクトゥルスの覚醒施術Aを終えてから、瞑想用の左手に握るカーサクリスタルを森さんにチャネリングで選んでもらっていた。

アルクトゥルスの覚醒施術A(その2)

施術から帰る道すがら奇妙な感覚に襲われていた。 ある意味大変な施術を受けてきた帰り道なのに、いつもならそれを反芻しているはずなのに、それをしていないことに突然気がついた。 思い出そうとするが遠~い過去のよう

アルクトゥルスの覚醒施術A(その1)

まんじりともせずに朝を迎える。 前日からすごいエネルギーを全身に感じていて、それに疲労困憊しているはずなのに眠れないのはつらかった。寝不足特有の軽い頭痛があったが、電車に乗る頃には消えていた。

瞑想中の体動がとまる、かも【withヘマタイト・オレンジカルサイト】

ワークや瞑想前には毎回握るべき石や順番・時間などをペンデュラムで訊く。 今朝の瞑想はヘマタイトで30分。

ビジョン?!【withオレンジカルサイト】

朝の瞑想はイヤホンでグレゴリアン聖歌を聴きつつ開始。 イヤホンやヘッドホンをつけると必ず右耳にギュン!という不快な音がする。右耳にはアルクトゥルスからのメッセージが届いているらしいが、”ボワワワワ・・・”と鼓膜に連続安打のような刺激。それが最…

夜中の腹痛は・・・サイキックアタック

眠ろうとしていた矢先、下腹にイヤな感覚がやってきた。 ま・まさか・・・ね・・・? それは痛みに変わってきて確信に変わる。

クンダリーニ?!【withヘマタイト】三日目

瞑想をはじめてすぐに、どんよりとした重~いエネルギーをハイハートあたりに感じていた。太めの猫が胸の上にデンと鎮座しているかのように。。。 (ああ猫さま、いつか同居できますように!)