LASTNOTE

NO MEDITATION,NO LIFE な日々をつづります

痛みとセッションとアセンション

去年、会社を辞めるという思ってもいなかった「大事件」があった。

やめたい!と思ったことは数知れずあったが、実際のところ出来ないだろうとずっと思っていた。

しかし大きな変化は、その前年末に森さんから受けたマルコニクス・リキャリブレーションの施術、直後の五次元へのアセンション完了という事態によって準備されていたことが最近になってようやくわかってきたのだった。

 

キャリブレーション施術直後の職場では、集中力に欠け、ケアレスミスを頻発し、物忘れもひどくなった。それにつれて人間関係もどんどん悪くなっていった。 

施術後にミューテーションに伴う身体症状が出るかもしれない、あるいは想定外の出来事が起こるかもしれない、と心の準備はしていたものの(必ずしもあるとは限らない。個人差在り)、どうしようもない自分自身の状態に途方に暮れるしかなかった。

 

苦手な人がそばにいると仕事が手につかず、、、内心こんな感じだった。

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 今思うと身体は素直に反応していたのだが、初めての体験にとまどうばかりだった。

 

ここにいてはいけない気がする。

 

これ以上ここにいると病気になる!

 

何やっても食べていくくらいはできるっしょ!!

 

施術から二ヶ月後には上司に退社を告げていた。

誰よりも驚いたのは自分自身だった。

でももういられなかった。

 

後悔は全くなかった。

まるで台風一過のように、静かで晴れやかな日々がやってきた。

将来に対する大不安で押しつぶされるのではないか、後悔するのではないか、という当初の心配は取り越し苦労だった。

不思議なことに、あらゆることに不安らしい不安を感じないのだった。

 

なんとかなるっしょ!

というノーテンキさには自分でも呆れるほどだった。いやマジで。(^^;

 

明らかに以前の自分ではなくなっていることを自覚し始めた。

「五次元へのアセンション完了」って、こういうことなのかもしれないと最近になって腑に落ちたのだった。

  

またステイホームのある日、おそるおそる座布に座ってみると、

あれ?脚が痛くない・・・痛くない?・・・痛くない!・・・・・ウソみたい!!!

座禅の最初から最後までずっと脚の痛みがあり、まさしく「苦行」だったのに・・・。

 

        ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

 

「禅病」を患った時の、ネガティブな記憶も吹っ飛ぶほどの驚愕の事実だった。

マルコニクス・リキャリブレーションによって、カルマの51%が浄化・解放されたことを実感した瞬間だった。

 

当時すでに瞑想ができるまでに回復していたが(「禅病」は完治していたといってもいいと思う)、それ以上に長く深刻な問題に悩まされていたので、このセッションを受けることにしたのだった。

そして驚いたことに、その「大問題」も退社と同時に解決してしまったのだった。

あまりに長く「同居」していたので、喪失感とともにやってきた解放感になじむのに時間がかかった。

 

「ああ、あれはそういうことだったんだぁ~!」ということはまだまだ続くようだ。